コエンザイムQ10豆知識では人の体の中でとても大事な働きをしているコエンザイムQ10に関する知識をご紹介しています。
化粧品や健康食品に興味のある人だけではなく多くの方にコエンザイムQ10を知っていただければと思います。

コエンザイムQ10が不足する原因

コエンザイムQ10は人間の体内の細胞に存在し、生きていくうえで欠かせない成分なので、体内での生産と食事からの補給により維持されています。

しかしコエンザイムQ10の体内での生産能力は、年齢を重ねるごとに、どんどん低下し、40歳をすぎるころからコエンザイムQ10が急激に減少してしまいエネルギー生産能力も低下することになります。

また食事からコエンザイムQ10を摂取する場合には、目安として1日に30〜60mgが推奨されていますが、30mgのコエンザイムQ10を取るためにはイワシ6匹、牛肉では約950g、ピーナツでは約1,150gのいずれかが必要だといわれています。この量は日々の食事から摂るのは難しいと思います。

このような理由からコエンザイムQ10が不足する原因としては、年齢やストレス、病気、ホルモン濃度、薬物などからも影響を受けますが根本的な原因としてコエンザイムQ10の生産力が低下している、食事からのコエンザイムQ10の摂取が不十分である、などが考えられています。


コエンザイムQ10のススメ

コエンザイムQ10は、体のあらゆる場所に存在して大切な働きをしている物質なのでコエンザイムQ10 を摂取することは大切だと考えられています。

特にスポーツをする人は運動による筋肉細胞の破壊を防ぐためにコエンザイムQ10は有効だと考えられています。コエンザイムQ10を取ることで疲れにくくなり、長い間トレーニングできるようになり、運動能力が向上するようです。

またコエンザイムQ10は女性にとって気になるシミやシワ、乾燥肌などの皮膚の老化現象の原因となる過酸化脂質をビタミンEとともに過酸化脂質の発生を抑えてくれる働きがあります。

他にも元気な体を作りたい人や生活習慣が気になる人、心臓機能に不安のある人、タバコをたくさん吸う人、ダイエットがなかなかうまくいかない人などにもコエンザイムQ10はおススメです。

また加齢によっても体内のコエンザイムQ10の量は減少してしまいますので加齢による不足分を補うためにもコエンザイムQ10の補給が必要となります。

コエンザイムQ10を補給するには日々の食事から多くの量を取るのは困難なため、コエンザイムQ10のサプリメントなどによる補給が必要となります。

コエンザイムQ10はアメリカでは20年前からサプリメントとして飲まれている人気のある成分で、日本でも2001年4月から食品に配合して販売することが可能になった成分なので安心して取ることができます。