コエンザイムQ10豆知識では人の体の中でとても大事な働きをしているコエンザイムQ10に関する知識をご紹介しています。
化粧品や健康食品に興味のある人だけではなく多くの方にコエンザイムQ10を知っていただければと思います。

コエンザイムQ10の期待される効果

現在では、コエンザイムQ10は欧米などの世界各国で医療品や健康食品として幅広く利用されていますが特に米国では人気が高く、エネルギー生産能力向上や、心疾患に対する機能、抗酸化作用の点で期待が寄せられているということです。

コエンザイムQ10の期待される効果としてまず考えらるのは肥満の改善です。その理由は、食べても太らない人は多く食べても血液の中にコエンザイムQ10を多く含んでいるので代謝速度が上がり、細胞の中で代謝によるエネルギー変換の効率化が高まるので減量が促進され太らないということです。またある実験の結果でもコエンザイムQ10の欠乏者に比べてコエンザイムQ10の量が正常者の体重減少量は2倍以上だったそうです。

またコエンザイムQ10には活性酸素を取り除き高血圧による心筋梗塞や脳梗塞から守る効果があると考えられています。さらに心臓機能の改善によりうっ血性心不全などにも効果が期待できるので、不整脈や低血圧によるめまいや頭痛、肩こり、むくみ、手足の冷え性なども軽減されると考えられています。

興味のある効果として抗加齢(アンチエイジング)がありますが、コエンザイムQ10は強力な抗酸化物質であることから、抗加齢効果も期待されています。
ある実験では、寿命、コエンザイムQ10の含有量が異なる哺乳類動物のコエンザイムQ10が含まれる量と、老化の原因である活性酸素の発生との関係を研究した結果、コエンザイムQ10を利用している種の方が寿命が長いことが明らかになったということです。つまりコエンザイムQ10がアンチエイジングでも期待できるものだと考えられています。

さらにコエンザイムQ10は紫外線による活性酸素からも肌を守り、肌の新陳代謝を促し、肌の衰えを改善し、シワ、くすみなどを緩和すると考えられています。そして肌に塗ることでシミ、シワなど肌の老化にも効果があることから、化粧品なども開発され、美容形成外科でも多く用いられています。

その他にもコエンザイムQ10には疲労回復時間の向上や慢性疲労の改善、コエンザイムQ10が肝臓の新陳代謝を促進させてアルコールの分解が良くなり二日酔いが改善する、コエンザイムQ10がマクロファージという細胞の活動を活発にすることで免疫力が高まり風邪を予防する、またコエンザイムQ10の抗酸化作用により歯肉の炎症を鎮める歯周病予防などの効果が期待されています。

コエンザイムQ10はもともとは医療の現場で使われていたもので、日本の薬事法基準もクリアしているので若返りの救世主などともいわれています。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.johodes.com/mt33/mt-tb.cgi/230

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)