コエンザイムQ10豆知識では人の体の中でとても大事な働きをしているコエンザイムQ10に関する知識をご紹介しています。
化粧品や健康食品に興味のある人だけではなく多くの方にコエンザイムQ10を知っていただければと思います。

コエンザイムQ10の働き

老化の原因として加齢によるコエンザイムQ10の減少も影響があると考えられています。例えば心臓にはコエンザイムQ10が欠かせませんが、心臓に含まれるコエンザイムQ10の量は20代がピークで、その後40代では30%、80代では50%以上失われるといわれています。その他の器官も多少違いがあっても同様に考えられています。

また人間の体を作っている細胞にも酸化が起こります。細胞の酸化の原因は活性酸素だと考えられていますがこれが増えすぎると正常な細胞を壊してしまいガンや老化などの原因となり糖尿病、動脈硬化など様々な病気を引き起こしてしまいます。
細胞の酸化を防止するものとしてビタミンEがありますが、このビタミンEの活動にもコエンザイムQ10が必要でコエンザイムQ10がないと酸化を防止するどころか逆に酸化を促進してしまうのです。

さらにコエンザイムQ10には抗酸化作用があり、細胞膜を過酸化状態から守り、細胞の活動を安定させます。これにより血液の流れや細胞の活性化を促し、新陳代謝を活発にし、体脂肪消費や若返りに大きな力を発揮します。

このようにコエンザイムQ10はビタミンEやビタミンCと並び大切なものの一つと考えられています。

コメント: 0件


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.johodes.com/mt33/mt-tb.cgi/229

この一覧は、次のエントリーを参照しています: コエンザイムQ10の働き:

» コエンザイムQ10
送信元 ケンブロ
健康情報ポータル「ケンブロ」のコエンザイムQ10情報です
[詳しくはこちら]

コメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)