コエンザイムQ10豆知識では人の体の中でとても大事な働きをしているコエンザイムQ10に関する知識をご紹介しています。
化粧品や健康食品に興味のある人だけではなく多くの方にコエンザイムQ10を知っていただければと思います。

コエンザイムQ10と人の体との関係

人の体は60兆個もの細胞で構成されています。そしてその細胞が集まって心臓や筋肉や血管などの器官ができており、これらの器官が正常に働くことで体が成り立っています。

しかしそれらの器官を動かすにはエネルギーが必要です。このエネルギーはどのようにしてできるかというと食事などで摂った栄養から、酵素等の働きにより細胞の内部で栄養素を燃焼させることでエネルギーに変換されていますがこのエネルギーを作るためにコエンザイムQ10が必要となるのです。

全てのエネルギーの95%を作り出しているのはミトコンドリアという細胞の中の小器官です。このミトコンドリアが細胞の一つ一つに存在し、栄養素が酸素によって燃焼され、エネルギーが作り出されています。
コエンザイムQ10はミトコンドリア内に多く含まれておりエネルギー生産の要として活躍しています。

このようなエネルギー生産の働きを酵素反応といいます。酵素反応には、ビタミンやミネラルなどの「補酵素」の助けが必要ですがコエンザイムQ10は補酵素として、ビタミンに近い働きをしてくれているのです。

コエンザイムQ10(CoQ10)は日本語で補酵素Qと呼ばれるもので、補酵素QにはCoQ6〜10などがあり、ヒト、動物、植物などでみられますが、ヒトでみられるのはほとんどがCoQ10、つまりコエンザイムQ10という補酵素Qの10番目の物質なのです。

コエンザイムQ10のCo(コ)というのは「補う」を、enzyme(エンザイム)は「酵素」を意味しています。化学式では「CoQ-10」と表されることから「コーキューテン」とも呼ばれています。
また、ラテン語のUbuiquitous(普遍的に存在する)という語源から「ユビキノン/ユビデカレノン」と呼ばれることもあります。

コエンザイムQ10は特に多くのエネルギーを必要とする心臓、脳、肝臓などに多く含まれています。コエンザイムQ10が不足すると心臓ではエネルギーが十分に作られないため、心臓の働きが低下し、息切れや動悸などの症状が現れるといわれています。

また、コエンザイムQ10のもう一つの重要な働きとして極めて強力な抗酸化物質であることがわかっていて、コエンザイムQ10が不足すると、体のエネルギーの生産だけではなく抗酸化作用の低下をも招き、美容・健康上のトラブルの原因にもなるとされています。